Proroge


真珠の善し悪しはその鏡のような光沢と色調、美しい珠状にあると言っても過言ではありません。
それに加えて有機質であるカルシウムとタンパク質の作り出す、限りある輝きは日本人の伝統的精神である「諸行無常」「わび・さび」に通じる貴重な宝石といえます。

Cultivation Work



真珠は紀元前からある貴重な宝石です。昔から日本では主に英虞湾で採取が行われ、地元で
天然真珠を採取しては海外へ輸出を行っていました。 しかし天然真珠は不揃いの形の物が
多く含まれることに加え、自然災害の影響を受けて採取量も不安定でした。

そのため考案されたのが真珠養殖です。 アコヤ貝(ウグイス目ウグイス科)の内蔵部分に
細胞(あこや貝の外套膜の切片)と核(イシ貝の殻の部分を球体に加工したもの)を送り込む
手術を行い美しい真珠が形成されるまで海の中で育成させる方法です。

 1〜2年経過したのち年2回、主に11月から1月の寒さの厳しい季節に浜揚げされます。 
収穫された真珠は選別と加工が行われ最も良質な物だけがお客様のもとに送り届けられます。

As a Jewery



クレオパトラも愛用したといわれる真珠は、控えめな美しさの中にもしっかりとした輝きを放つ魅惑
の宝石です。 ピンク系、ゴールド・クリーム系、ブルー・ブラック系、グリーン系、ブルー系など
自然が与えてくれた奇跡で多彩な色調の輝きはあらゆるTPOで嫌み無いあなたを演出してくれます.
また、よく言われる『花真珠(はなだま)』という言葉にはご注意ください。 確かにその美しさは
ある一定基準をクリアした物(映り込みがクリアー、色調が一定、真珠の巻きにムラがない、etc.,)
でないとそう呼ばれる事が許されません。 しかし近年では、単なるセールストークで『花真珠』と
いう業者が増えてきています。 真珠業に携わり長い実績のある真珠業者は軽々しくこの言葉を使う
事はありません。 かえって真珠のメンテナンス方法や保管方法にこだわる方が多いかもしれません。

 しかし意外と知られていないのがそのメンテナンス方法。 あなたを演出してくれるその美しさも
普段の環境と日頃のメンテナンスによって徐々に失われてしまいます。  湿気・乾燥・ホコリから
貴金属(特に真珠)を避ける事ができれば、その美しさをほぼ永遠に保つ事ができます。

さらに真珠はカルシウムとタンパク質の複合体なので「酸(たとえば汗、動物系化粧水、柑橘類、
酢酸)等」が付着した場合は速やかに除去する必要があります。 しかしながら完全にそれらから
真珠を保護することはほぼ不可能なので、大難を小難に、小難を無難にするかが大事と成ります。

☞メンテナンス(More☞)